株式会社かねもと|徳島県徳島市│鉄骨加工機械│建設機械│荷役機械│ポンプ│コンプレッサー│鉄工│土木建設機械リース│販売・修理

 

トラブル

 

TIG溶接機

TIG溶接機
 
アーク(高周波)が出ない 前面にあるフリースローのダイヤルが回ってしまっていませんか。 フリースロー とはトーチスイッチを引いて、高周波が出るまでの時間を調整するダイヤル。
0にしておくとすぐ高周波はすぐ出るが2次側延長を長くとっていると、ガスがトーチまでくるのに時間がかかる。
 
テスト内容
結果
高周波ギャップ 0.8mm (新品時) 2次側延長3本(60m)+8mトーチアース20m
×
2次側延長2本(40m)+8mトーチアース20m
×
2次側延長1本(20m)+8mトーチアース20m
高周波ギャップ 1.1mm (調整) 2次側延長3本(60m)+8mトーチアース20m
2次側延長2本(40m)+8mトーチアース20m
2次側延長1本(20m)+8mトーチアース20m
TR-5型は高周波ギャップが1.1mm TR-6型は0.8mmにセットされている。近年回りにデジタル搭載機械が増えたため、高周波ノイズが影響をおよぼす恐れがあるので、このように改造されています。 タッチスタ−トならどの長さでもすぐアークがでます。
高周波は出るが溶接電流が出ない   初期電流のつまみが0になっていませんか
  WCT及び アース線は確実にセットされていますか
 

プラズマ切断機

プラズマ切断機
 
異常ランプが点灯 コンプレッサー圧が低いと最適は4.5〜5.0
電源の電圧が低くても高くてもだめ 200〜210Vが最適
 

半自動溶接機

半自動溶接機
 
異常を連絡してきた場合の一番多い原因は電源の電圧降下です。
発電機を50サイクル 200Vで使用している場合が多いです。


例1 送給装置のモーターが回らない。インチングも働かない
結果
1次側電源が単相になっていた。目視ではわからない場合があるのでテスターで確認する事
例2  溶接アークが安定しない。KH-500でガウジングが使えない。
結果
2次側(出力端子側)が反対になっていた。
 

磁気ボール盤 (A-3000の場合)

磁気ボール盤 (A-3000の場合)
 
1.ドリルがまわない
磁石のスイッチを入れ、すぐにドリルの回転スイッチを入れた場合ドリルは回わりません。
安全構造上磁石のスイッチをいれて一呼吸(1〜2秒)おいてからドリルの回転スイッチを入れて下さい。
<<株式会社かねもと>> 〒770-0064 徳島県徳島市不動西町4丁目2047-1 TEL:088-632-6165 FAX:088-632-9450